作者 佐藤沙緒里のおなかにいっぱい、あやかしの種

おなかにいっぱい、あやかしの種

おなかにいっぱいあやかしの種

 

樹津あかるは、あやかしと呼ばれる化け物が見えてしまう為に身体を狙われてしまう可哀想な子

 

いわゆる、サトリの目という能力があるらしい…。

 

クラスメイトの犬上くんもあやかしなのだが、実は俺の事に気付いているんじゃないかと思い興奮して襲われそうな所を麒麟のあやかしに救われる。

 

その日は家に帰って一日が終了したのだが問題なのは翌日…。

 

いきなり転校生の江月リンという女の子がクラスメイトになる。
そしていきなり話を掛けてきて連れられてきたのは何と神社!?
何とこのリンは昨日、襲われた時に助けれてくれた麒麟のあやかしであった!
そのまま神社の奥へと連れて行かれると外はおんぼろの神社の端にある小屋なのに中は広々な空間。
しかも何故か物凄くキレイな部屋で、ウキウキ気分で話を聞いていると何と仰天なお願いをされてしまう。

 

「あやかしの精子を集めるのに手伝ってくれないか?」

 

まだ処女で何をどうしたらいいのかわからないあかるに対して、麒麟のあやかしリンが手ほどきをしてあげる。
まさか初めての相手があやかしだなんて…

 

そんな思いの中、ほぼ犯されるように初体験を終えるあかる。
しかも内容としては獣姦のような感じです。

 

早速次の日からあかるによる、あやかしの精子集めがスタートするのであった。

 

果たしてあかるは無事に精子を集める事ができるのだろうか?

 

各話

第1話 精○?ザー○ン?おち○ぽミルク?

第2話 おなかが、怖いくらいキモチよくって…

第3話 犬上君の、精○ください!!

第4話 おなか、くるしいぃ…

第5話 肉塊のあやかし

第6話 更衣室の覗き魔

第7話 その七 飛頭蛮の願望

第8話 精◯集め、あやかしめぐり

第9話 囚われのあかる

第10話 鬼の集団精◯採取

 

おなかにいっぱい、あやかしの種を読んでみた感想

さすがの内容だと思います。まず、ストーリーがあやかしと呼ばれる妖怪を相手にエッチをしていくという流れが面白いと思います。その中で、あかるは怖いと思いながらも果敢に自分の身体を捧げながら、あやかしの精子を沢山集めていきます。このあかるは、見た目はまだ幼いんですけど、脱いだら良い身体をしているんですよ。推定FカップかGカップはあるであろうオッパイとムチムチした太ももがたまりません。しかもまだ初体験から間もないので締りもかなりキツキツで楽しめるかと思います。それにしても妖怪に犯される女の子って興奮しますね(笑)あまり動物などに人間が犯されるというのって興奮しないと思っていたんですけど思いのほか大興奮しちゃいましたね(笑)きっと画もキレイだというのもあると思います。

 

コミなびで配信中のおなかにいっぱい、あやかしの種

 

配信サイト コミなび
作者 佐藤沙緒里
話数 7話まで配信中
消費ポイント 50pt
ポイント単価 1pt=1円
詳細

この作品は、いくつかのコミックサイトでも読めますが数多く取り扱っている&新作の入荷が早い「コミなび」を選んでおく事をお薦めします。

いろいろあるけど

今日は、思い切って歌のコンテストに、検討員ではなくて、客人で行ってきました。と言いますのは、出席者で応募しました会社、くじ引きで飛びて、出席できなくなったためです。恨めしそうな顔は、やめておこうとおもいました。
リハには、出なくて済みますので、昼過ぎから行こうと思いました。4場面から行こうかな、五ままついたらいいのかなと、頭のの間で思っていました。とりあえず、早朝の間は、丸々空いています。といっても、連日の暑さより、ボディはぐったりとしていました。いつもより、起きづらい朝でした。そして、その上に洗濯をせざるを得ない状況になって、それも、つまみ洗いが必要になってしまって、朝から思いがけなく、手間取ってしまいました。洗剤を置き、ごしごし洗いすぎると作戦が痛いです。作戦が痛くなってきて、可哀相になり、自分をかばおうと思いました。前日は、両手の手相を眺めていました。そのときの作戦は、喜んでおるみたいでした。
朝の旅立ちは、遅れましたが、まだ、早朝の間だ。早めに、正午ご飯を食べることにしました。金券ショップに寄りました。おつりの現れる金券を手に入れました。昨日の正午は、ファストフードで済ませたので、今日は違うショップにしました。私は美容液にはラピエルを一押ししています。

可愛い人だったけど、別れてしまった恋人との事象

わたくしが、29才のら付き合っていた女房の話だ。
わたくしは、保育士をしていたのですが、なかなか色恋が上手くいかずしばらく女房はいませんでした。
29才という年もあり、仲間と集まれば「結婚したいね」や「好きな人がほしいね」と解答の出ない話で語り合っていました。
元々、あまり人を好きにはならない好きなタイプなのですが、好きになってしまうとのめり込む好きなタイプでした。
ブライダル望むという一心で、コンパに行ったり、出会いの箇所にも積極的に行っていました。
その女房とは、田舎の婚活現象で出くわしました。現象に参加したのは初めてで、出向く前から仲間人と「どういう感触なんだろうね」
とドキドキしながら参加しました。
よくテレビで探るような、1対1で順番に話をして、直後グループで話して、フリー時間というような感触でした。
最初の1対1の話をやる段階で、夫の年範疇の高いのに私たちの気分は落ちてしまっていました。
田舎でブライダルできない人が多いようで、40代金や50代金の人がなかば数以上で女房と言うより、父親と呼びたくなるような状態の方陣ばかりでした。
仲間人と、「帰りたいね」と言って過ごしていました。彼は、そのしている時にいた唯一、年がくらいて普通に話せた人でその時に携帯を交換していました。
現象が終わってから、ラインの交渉がはじまり、食事に行くことになりました。
2人で出会うと色恋に慣れてはいないけど、本当にストレートで有難い人なんだろうなぁというのは感じていました。2回瞳のデートで「付き合ってほしい」と言われ、
すぐには、答えが出せず少し策することにしました。フランク、まだ彼のことはよくわからなかったし好きにはなってなかったのですが
結婚する人ってそういった人の方がいいのかなぁと思い付き合うことになりました。
付き合ううちに好きになっていくかなぁと思っていたので。

付き合ってからも、彼はやさしく本当にストレートで可愛い人なのですが、付き合って3か1ヶ月が経っても、私の気持ちはどうしても嬉しい人以上にはなりませんでした。
結局、このまま付き合ってたらダメだと憧れ、わたくしから別れを話したのでした。
わたくしは、こういう色恋を通してやっぱり、わたくしは自分が好きにならないとダメなんだなぁとつくづく感じてしまいました。
バストアップに成功したのはViageビューティアップナイトブラのおかげです。

皆さんにとっての夏場というのは何でしょうか?

夏季といえば厚い、暑さを上回るためには?風鈴も一案ですよね。
今度は暑い夏季でも少しでも涼しくできるように風鈴について紹介します。
風鈴とは、日本のアパートのベランダなどにつりさげられて掛かるちっちゃな鐘鈴だ。ちっちゃな鐘鈴のの間には舌という部分が垂れさがっていて、下に短冊というものがつるされてあります。そよ風が吹くとともに短冊が揺れ動き舌が鐘鈴の内方にあたり、心地よい音が鳴る仕組みになっています。そよ風を涼しげな調音に変化させるためわれわれも気持ち良いような見解を喜べるということです。

 

風鈴の最初はの間各国だといわれています。の間各国で竹林に下げて風の向きや調音のなり方で占いを行ったというのが序盤とされていて、後、お寺でその鐘が鳴っておる間は大難が起こらないと信じられてきてお寺の隅っこにつるされていました。そこから日本に伝わってきたのです。
今も日本では風鈴をアパートの門の前につるしておくと厄払いができるといわれています。

 

ところで、風鈴の調音を聴くと、心地よくて自然と心理が癒され穏やかな気持ちになって来る人間は多いでしょう。
実はこの現象はロジカルにも証明されていらっしゃる。
風鈴というのは図形が特殊な結果異なる高さの声が重なり合って響くらしきのです。
人間タームというのは不規則な調音の方が落ち着く傾向にあります。
こういうそよ風によって、不規則な拍子で響く風鈴の調音に心が癒されるのです。
人間がありがたく落ち着くと映る移り変わりによる拍子が風鈴のメロディーと一致しておるようなのです。
ダイエットの成功の秘訣ははぴーとです。